ブログトップ

つれづれなるままに・・・。

何なのだろう・・・。

<黙とう>甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止

うちの両親は広島の山奥出身なので、毎年この8月6日という日をとても大切にしています。
私自身も小さい頃からいろいろと教えられ、過去2、3回広島の平和公園へ行きました。
そこでしか体験できない、戦争の傷跡を、被爆者の叫びを目の当たりにして
これ以上、こんな悲しい事を繰り返してはいけないという思いがあります。

犠牲者の冥福を祈る事、平和の事をきちんと考えている高校生が
高野連の人に黙祷を捧げる事を拒否されてしまったという現実。
高野連の人のいう「原爆は広島だけの事」という発言、どうかしてるような気がします。
広島だけでなく、日本全国で、そして世界中できちんと認識し、
平和への活動へと繋げていって欲しいと思います。

8月15日にひとまとめにしているからと、頭ごなしに否定されたショックはとても大きいと思います。
長崎出身の高校生もきっと思いは同じだと思いますが・・・。
私も含め、戦争を知らない世代だからこそ、より多くの人に知らせたい気持ちでいっぱいです。
[PR]
by Bethany | 2005-08-06 13:44 | ニュース